casino movies banner image main

最高のカジノ映画を見て、ハイローラーになった気分に浸ろう!

カジノゲームの派手な照明や速いテンポのアクションから一息つきたいなら、この業界を題材にした最高の映画をいくつか見てくつろぐといいでしょう。これらの映画は、今まで見たこともないような方法でカジノゲームに取り組み、常に興奮を与え、またプレイしたくなるような作品ばかりです。

そんなカジノ映画をご紹介します。

ラスベガスをぶっつぶせ (2008)

2008年に発売された「ラスベガスをぶっつぶせ(原題:21)」は、シン・シティのカラフルで楽しい雰囲気に、厳格なテイストを加えた作品です。この作品では、ラスベガスの明るい雰囲気だけでなく、ゲーム、特にブラックジャックの結果を操作しようとすれば、必然的に生じる結末についても取り上げています。

この映画は、最も有名な学校のひとつであるマサチューセッツ工科大学(MIT)の学生で、特に数学に秀でたベン・キャンベル(ジム・スタージェス)を描いています。ベンはその高度な知識から、ギャンブラーを兼業する数学オタクの秘密集団に目を付けられ、その一員となります。

彼らは共に、主にブラックジャックで使われるカードカウントの能力により、ラスベガスのあらゆるブラックジャックテーブルを制覇していきます。しかし、空の目(CCTVカメラ)が彼らの行動を感知し始めたことで、事態は一転します。

レインマン (1988)

名優たちの素晴らしい演技が楽しめるカジノ映画をお探しなら、1988年に公開された「レインマン」がおすすめです。この映画は、レイモンド(ダスティン・ホフマン)という名の自閉症の青年が、一度に何百ものランダムな物を数えるという驚異的な才能を持っていることを描いています。

その才能は弟のチャーリー(トム・クルーズ)にもすぐに見抜かれます。彼らは一緒にカジノに向かい、すべてのギャンブルに勝つためにカードを数えることに挑戦します。

この映画の最大の見どころは、なんといっても主演の二人の演技であり、ホフマンはアカデミー賞の最優秀主演男優賞にノミネートされるほどでした。さらに、この映画は軒並み好評を博し、1988年の最高興行収入を記録しました。

カジノ (1995)

ロバート・デ・ニーロとマーティン・スコセッシのコンビは、史上最高の俳優・監督コンビであることは有名ですが、その高評価の理由は1995年に公開された「カジノ」を観ればすぐにわかるでしょう。この象徴的なコンビは、本作でまたしてもスリリングなマフィアの物語を提供します。しかし今回は、カジノの明るい照明の中で展開します。

この映画では、サム・”エース”・ロススティーン(ロバート・デ・ニーロ)という名のギャンブルの達人が、イタリア系アメリカ人の犯罪組織、シカゴ・アウトフィットから、ラスベガス最大のカジノの経営を任されます。しかし、サムのマフィアとの関係が人間関係を壊す元凶であることが判明し、物事はそう簡単には進まなくなっていきます。

この映画の素晴らしいところは、数年にわたり、この二人の人生を見ることができることです。この映画を観ると、ベガスがどのように変化していくかを、サム自身の目から見ることができるのです。

さらに、ジョー・ペシ、シャロン・ストーン、ジェームズ・ウッズなど、現代人が知っている最もベテランな俳優たちが出演しています。ストーンは、この作品の演技でアカデミー賞にノミネートされました。

オーシャンズ11 (2001)

2001年の「オーシャンズ11」は、手に汗握るストーリー、美しい映像、そして素晴らしい俳優陣の共演により、瞬く間に名作と呼ばれるようになりました。本作品にはブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツといった実力派キャストが名を連ねています。

物語は主人公のダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)を中心に展開し、彼は1億5千万ドルという歴史上最も伝説的な強盗を成し遂げようとします。しかし、彼は一人ではこれを成し遂げることができません。そのため、業界内で最も才能のある詐欺師で構成される手下を作り、全員が異なる特技を持つようになるのです。

ストーリーが進むにつれ、オーシャンのライバル、アンディ・ガルシア演じるテリー・ベネディクトが所有するカジノをすべて強奪することを目指す姿が描かれます。さらに、一味は作品中ずっとフォローされ、彼らのケミストリーがこの映画を今世紀最高の映画のひとつにする見どころのひとつとなっています。 

カジノ・ロワイヤル (2006)

2006年に公開された「007/カジノ・ロワイヤル」は、1950年代に発表された小説家イアン・フレミングによる長編ジェームズ・ボンドの22作目です。ダニエル・クレイグが初めて伝説のスパイを演じたこの作品は、彼の007としての演技と、より硬質なトーンへの移行により、世界中で好評を博しました。

この映画はカジノを中心とした映画ではありませんが、それでも映画史上最も象徴的なポーカーのシーンのひとつが登場します。このシーンは、ポーカーファンであろうとなかろうと、その素晴らしさと緊張感から、必ず見るべきシーンの一つです。

さらに、この伝説的なポーカーシーン以外にも、このフランチャイズを象徴するようなものを見ることが期待できます。例えば、大げさなアクション、素晴らしい撮影技術、そしてボンド自身のスマートな性格などです。

ダニエル・クレイグ以外の出演者も素晴らしい演技を披露し、このジェームズ・ボンドの成功に拍車をかけました。マッツ・ミケルセンは恐ろしくも魅力的なル・シッフルを演じ、エヴァ・グリーンはヴェスパー・リンドという「ボンドガール」を演じたのです。 

今すぐ、心に響くストーリーに浸ってください!

これらは、観客のカジノ業界に対する見方を変えた、最も心に響くストーリーを持つ最高のカジノ映画の一部です。さて、ここまで読んだら、次はいよいよ自分の目で確かめてみましょう。映画のストーリーだけでなく、ハイローラーライフのスリルを味わうことができます。見終わった後は、お気に入りのゲームで遊んでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。