blackjack hands banner main

ブラックジャックの様々なハンドシグナル 

ランドカジノでもオンラインカジノでも、すべてのギャンブラーが互いに敬意を払うよう導く一定のエチケットがあります。これは、迷惑行為や失礼にあたるような行為を防ぐためのものです。カジノでのエチケットのひとつに、様々なテーブルゲームに見られるハンドシグナルの使用があります。

最も一般的なハンドシグナルは、ブラックジャックで使用されるものです。クラシックとフェイスダウンの2つのバリエーションがあることに注意してください。これらのハンドシグナルの使い方を知るには、以下のセクションを読み進めてください。

クラシックブラックジャックのハンドシグナル

クラシックブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの両方が表向きと裏向きのカードを持っているバリエーションです。ここから、どちらの手が21に最も近い値か、あるいはぴったり21になるかにベットを置く必要があります。しかし、ディーラーが最後のカードを見せるところに到達する前に、まずいくつかのアクションを起こす必要があります。

クラシックブラックジャックには4種類のアクションがあり、全て異なるハンドシグナルを使用します。それらは以下の通りです。

ヒット

ヒットとは、自分の手札の価値を高めるために、追加のカードを要求することです。ハンドシグナルは、テーブルを指で軽くたたくことで、ディーラーはあなたが何をしたいのか認識します。 

スタンド

ブラックジャックにおけるスタンディングとは、自分の手札の価値に問題がなく、それを変えたくないということを意味します。このアクションでは、カードの上で手を振って、ディーラーにスタンディングのサインを出す必要があります。 

ダブルダウン

ブラックジャックでダブルダウンを選択することは、賭け金を増やしたいということです。これは、お客様のハンドの価値が高く、ディーラーのハンドがお客様より弱いと想定しているためです。このアクションを選択する場合、最初のベットの横に別のチップを置き、そのチップを指差して、ダブルダウンを行うことをディーラーに知らせなければなりません。

スプリットペア

ペアで構成された手札を受け取ることがあります。そのような時は、スプリットするのに最適なタイミングです。そうすると、合計で2つのハンドができ、賭け金も2倍になります。ハンドシグナルは、最初のベットの横に同量のチップを置き、指でV字を描きます。ディーラーがこれを見ると、お客様の手札を1枚ずつ追加で渡します。

フェイスダウンブラックジャックのハンドシグナル

フェイスダウンブラックジャックの目的と前提は、古典的なバリエーションと同じです。しかし、両者の違いは、テーブルの上のカードの配置にあります。このバリエーションでは、ディーラーはカードを裏向きでプレイヤー全員に配ります。そのため、覚えるべき手の動きも変わってきます。

ヒット

ヒットはフェイスダウンバージョンでも同じ意味ですが、手の合図が従来のものと異なります。カードをテーブルにこすりつけて、ディーラーにもう一枚カードを要求していることを示す必要があります。 

スタンド

フェイスダウンブラックジャックにおけるスタンディングの意味も、クラシックと同じです。このアクションを行うには、チップの下にカードをスライドさせる必要があります。 

ダブルダウン

ダブルダウンのアクションとハンドシグナルは、クラシックとフェイスダウンブラックジャックの両方で同じです。ただし、後者の場合は、新しいチップを入れる前に、まずカードを裏返し、チップを指差してダブルダウンのサインをする必要があります。

スプリットペア

スプリットペアの意味とハンドシグナルは、2つのバリエーションで同じです。しかし、フェイスダウンブラックジャックでは、テーブルの上でカードを裏返す必要があります。

サレンダーという行為

勝つ見込みのない手を受けることは、時に避けられません。そのようなときは、サレンダーするのが一番です。クラシック、フェイスダウンブラックジャックともに、チップの後ろに人差し指で水平線を引きます。同時に、口頭でサレンダーすることを伝えてください。

サレンダーのタイミングを知るには、以下のシナリオを参考にしてください。 

  • ディーラーのフェイスカードが10の時、14、15、16でサレンダーします。
  • ディーラーがエースを持っている場合、5、6、7、12、13、14、15、16、17でサレンダーします。
  • ディーラーがソフト17をヒットした場合、ハード4をサレンダーします。
  • ディーラーのフェイスカードが10のとき、7または8のペアをサレンダーします。
  • ディーラーのフェイスカードが10のとき、7または8のペアをサレンダーします。
  • ディーラーがエースの場合、3、6、7、8のペアをサレンダーします。

ブラックジャックのエチケット:やるべきこと、やってはいけないこと

さぁブラックジャックのハンドシグナルがわかったところで、このテーブルゲームのエチケットについても掘り下げてみましょう。これを知っていれば、プレイ中に何をすべきで、何をすべきでないかを理解することができます。

アクションを言う代わりに合図をする

ハンドシグナルの数が多いので、ラウンドが早く進むように手信号を使うのがベストです。自分のアクションを言うことは、流れを遅らせ、他のプレイヤーの気を散らすことになります。また、ディーラーがあなたの言っていることを聞いていない可能性もあります。 

プレイ中の携帯電話の使用は避ける

どんなカジノゲームでも、特に他の人と一緒にプレイしているときは、全神経を集中させる必要があります。他のプレイヤーもいるのですから、プレイ中に携帯電話を使用しないなどの配慮が必要です。携帯電話の不要な音や動作がゲームの妨げになる可能性があります。

両手でカードを持たないようにする

カードを入れ替えたと勘違いされないように、必ず片手だけで持つようにしましょう。 

テーブルからカードを取り出さない

すべてのトランプは、ディーラー、他のプレイヤー、監視カメラから常に見えるようにする必要があります。取り外すと、不正行為やゲームの妨害とみなされることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。