仮想通貨入門編: 知っておくべきビットコインの専門用語

Bitcoinnewmain1

仮想通貨、特にビットコインはこれまで以上に広まっており、より多くのビジネスとして金融の主流に着実に浸透しています。ビジネス分野はもちろんのこと、ゲーム業界でも、プレイヤーによりシームレスなゲーム体験を提供するために、ビットコインをはじめとするデジタル通貨を決済手段に採用しています。

ここビットカジノでは、ビットコインやその他の仮想通貨を使用できるゲームの多様なセレクションを提供しています。しかし、仮想通貨の世界に飛び込む前に、耳にする可能性のある基本的な専門用語を知っておく必要があります。

これにより、ビットコインの仕組みを理解し、カジノゲームでの支払い方法としてビットコインを使用する際に、ゲーム体験を最大限に高めることができます。

知っておきたいビットコインの専門用語 

ビットコインを始めるために、その幅広い専門用語を学び、それぞれの意味を理解しておきましょう。それらがどのように機能し、ビットコインの有効性に貢献しているかについて知っておきましょう。以下でビットコインの専門用語をチェックしてみましょう。

BTC
BTCは、ビットコインのティッカーシンボルで、通常、ビットコインの略語として使用されます。この記号は、各仮想通貨の時価総額や取引量、流通量を示す取引所サイトでよく目にします。これは、株式市場で特定の企業や株式を指定するための記号に匹敵するものです。
ブロックチェーン
ビットコインの取引は、ブロックチェーンと呼ばれるブロック単位で情報を保存する公開台帳またはデータベースに記録されます。各ブロックにはデータが含まれており、ハッシュとタイムスタンプを使って前のブロックと「連結」されます。

このプロセスが、分散型ブロックチェーンを不変のものにしています。つまり、一度記録されたデータは、もはや改ざんも変更もできません。これにより、ビットコインの取引は永続的に行われ、誰でも閲覧することができます。さらに、分散型ブロックチェーンを管理する人やグループは存在せず、すべてのユーザーがアクセスできるようになっています。

アルトコイン
Alternative Coinまたはアルトコイン(Alternative Coinの略)は、ビットコイン以外の仮想通貨を指す言葉です。ビットコインが市場で最初のデジタル資産であるため、ビットコインの後に新たに開発された仮想通貨は、ステーブルコインやユーティリティトークンなどを含めてこの愛称で呼ばれています。

アルトコインの種類を紹介します。
ステーブルコイン – これらのアルトコインは、その価値を金、ユーロ、米ドルなどの準備資産と呼ばれる現実世界の商品に結びつけることで、ユーザーに価格の安定をもたらします。

ユーティリティトークン – これらのアルトコインは、スタートアップや企業、会社、組織などのベンチャー企業の資本調達や資金調達に貢献します。企業のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の際に配布されます。企業が、将来的にサービスを受けるためのクーポン券を作りたいと考えている場合に役立ちます。

ICO
Iイニシャル・コイン・オファリング(Initial Coin Offering)、通称ICOは、企業が新しいコインやアプリを作るための資金を調達する方法です。プロジェクトに関心のある人は、募集に投資して、企業が作成した新しいコインを受け取ることができます。

このトークンは、その後、その企業の製品やサービスで固有の通貨として使用することができます。ICOは主に、仮想通貨業界で製品やサービスを販売したいと考えている仮想通貨スタートアップが活用します。

さらに、ICOを開始する前に、新しいコインやアプリを作りたいと考えている企業は、通常、プロジェクトの内容や必要な資金額などの情報を記載したホワイトペーパーを作成します。また、トークンの総数や、どのような通貨がサポートされているかなどの重要な情報も含まれています。

調達した資金が会社の最低要求額を下回った場合、ICOは失敗したとみなされ、プロジェクトに投資した人々に資金が返却されます。

取引所
仮想通貨ユーザーは、交換プラットフォームを通じて、不換通貨やアルトコインを使ってビットコインやその他の仮想通貨を購入することができます。これらの取引所は、売り手と買い手が仮想通貨を売買するための市場として機能します。

トレーダーが取引をしようとすると、通貨交換手数料を支払わなければなりません。これは、機関投資家である銀行がお金を交換するときに請求する手数料と同様のものです。一方、暗号化された交換手数料は、通常の金融機関が請求する手数料よりも大幅に低くなっています。

仮想通貨取引所で取引を開始するには、まず取引所に登録し、アカウントの安全性を確保するために一連の検証プロセスを経る必要があります。その後、口座に資金を入金して取引を開始する必要があります。

クリプトグラフィ
ギリシャ語で「crypto」は「秘密の」「隠された」という意味で、暗号の匿名性を表しています。暗号とは、ユーザーの情報やコミュニケーションを保護するために用いられる一連のコードのことです。このプログラミング言語は、第三者の干渉を受けずにユーザー間の分散型交換を可能にします。

これにより、送信者と受信者のみがメッセージの内容を見ることができる制限付きアクセスが実行されます。

分権化
暗号領域では、資産を移転する権限が分散ネットワークに与えられると、分散化が起こります。このような仕組みは、ネットワークのパフォーマンスをコントロールするリスクを抱える参加者の存在を排除することを目的としています。

ビットコインと同じように、トレーダーは取引のために厳格なプロセスを経る必要がなく、第三者が介在しないため、当事者間の透明性が確保されます。仲介者がいないため、規制された市場よりも取引コストが安くなります。

HODL
HODLは「Hold on For Dear Life」とも呼ばれ、ビットコインやその他の仮想通貨におけるバイ・アンド・ホールド戦略を表す言葉です。人が自分の資産をHODLするということは、その資産が評価されて高値で売れるようになるまで、長期的に持ち続けるということです。

HODLという言葉は、GameKyubiiという人物が酔った勢いで、自分のトレードスキルの低さを訴えた投稿がきっかけで生まれました。この投稿の中で、彼は「I AM HODLING」と言っていますが、これは、トレードの仕方がわからないので、ビットコインの資産をウォレットに入れておくことにしたことを指しています。

ウォレット
ビットコインを購入した後は、ウォレットに入れて安全に保管することが大切です。暗号ウォレットを使えば、プライベートキーやパスワードを安全に保管することができます。プライベートキーとは、仮想通貨へのアクセスを可能にする高度な暗号化の一種です。

選択できる暗号ウォレットはたくさんあり、ハードウェア、ソフトウェア、ペーパー、デスクトップウォレット、モバイルウォレットなどの形態があります。ここでは、それらの違いを紹介します。

ハードウェアウォレット – コールドウォレットとも呼ばれるハードウェアウォレットでは、機器に接続できるUSBのようなデバイスに暗号化された資金を保存することができます。
ソフトウェアウォレット – このタイプのウォレットは、その名の通り、通常はアプリとしてダウンロードします。インターネットに接続されているので、自分の資金に簡単にアクセスできます。携帯電話やタブレットなどのデバイスを使って、いつでもどこでもウォレットを開くことができます。
ペーパーウォレット – 印刷された財布で、QRコードとプライベートキーが保存されています。紙でできているので、保管には注意が必要です。
デスクトップウォレット – このタイプのウォレットは、デスクトップ・コンピュータにダウンロードすることができます。ソフトウェアウォレットと同様に、このウォレットもインターネットに接続されていないと、資金にアクセスできません。
モバイルウォレット – このタイプのウォレットは、モバイルデバイスを使ってアクセスすることができます。このウォレットは、iOSとAndroidで利用できる幅広い選択肢があります。

ノード
ノードは、トランザクションを検証し、ブロックチェーン内のブロックに格納する役割を担っています。ブロックチェーンの機能を維持し、情報のブロックを検証するという任務を遂行するのに十分な堅牢性を確保します。各ノードのデバイスには固有の識別子が割り当てられており、ネットワーク内の他のノードと区別することができます。
ビットコインアドレス
A Bitcoin address is a virtual location with a unique identifier that allows users to send cryptocurrencies. Bitcoin wallets have ビットコインアドレスとは、ユーザーが仮想通貨を送ることができる固有の識別子を持つ仮想の場所のことです。ビットコインウォレットにはプライベートキーがあり、このキーがビットコインウォレットのアドレスに対応しています。

つまり、このアドレスは、資金を送金するための起点として機能します。通常、ビットコインのアドレスは、簡単に解読できないように、少なくとも26~35文字の英数字で構成されています。

つまり、誰かにビットコインを贈りたい場合は、自分のビットコインアドレスを使って、相手のビットコインアドレスにメールのように送ることになります。

コンセンサス
集中管理型のシステムでは、ネットワーク内のデータベースを管理・更新する中央管理者が存在します。彼らは、正当な記録を保存し、データの追加、削除、更新などの様々な活動を行うことに単独で責任を負っています。

ビットコインのような非中央集権的なシステムの場合、中央管理者は存在しません。どの取引が本物かどうかを判断する中央機関がないため、ノードのネットワークは、ソフトウェアとアルゴリズムのみに基づいて合意を得る必要があります。この合意が、いわゆるネットワークコンセンサスです。

仮想通貨で使用されるコンセンサス・メカニズムには、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とプルーフ・オブ・ステーク(PoS)という種類があります。以下にその詳細をご紹介します。

Proof of Work (PoW)
PoW(Proof of Work)とは、ネットワークのメンバーや参加者ノードが複雑な数学的問題を解くことで、ブロックチェーンに新しい取引を促進・追加する合意形成メカニズムの一種です。しかし、これには莫大な高エネルギーが必要で、処理時間も長くなります。
幸いなことに、処理時間が長くなるにもかかわらず、ブロックチェーンのどの部分を変更しても、それ以降のブロックをすべて再度マイニングすることになるため、ブロックチェーンの変更は困難です。これにより、すでに設定されているシステムの改ざんを防ぐことができます。

Proof of Stake (PoS)
Proof of Stake(PoS)とは、ネットワークに出資しているコインの数に応じて、マイナーがブロック取引の採掘や検証を行うことができるコンセンプトの仕組みです。これにより、多くのコインを持っているマイナーは、より多くの取引を処理する機会を得ることができます。PoWと比較して、PoSは低エネルギー、低コストで、トランザクションが開始されたときの各トランザクションの容量は1メガバイトです。

マイニング
ビットコインのマイニングとは、アルゴリズムのパズルを解いて新たなビットコインを生み出し、それを流通させることを指します。マイニング中、マイナーは取引を完了してブロックチェーンに追加すると、一定量のビットコインが報酬として支払われます。

マイナーは、台帳の中にある高性能なコンピューターを使って、複雑な数学的問題を解くことを競い合います。

最初に問題を解いたマイナーは、取引を承認することが許され、少量のビットコインを受け取ることができます。マイナーがアルゴリズムの問題を解き、取引を承認するたびに、そのデータはパブリックブロックチェーンの台帳に掲載されます。マイニングでは、ブロックチェーンの維持に尽力するマイナーにインセンティブを与えることができます。

マイナー
マイナーとは、ブロックチェーンにブロックを追加するために取引を検証する個人のことです。マイナーは、取引を検証するブロックチェーン内の監査役と考えられます。そのブロックチェーンにおいて、マイナーは1MB分の処理を完了しなければなりません。問題を解決してネットワークにブロックを追加したマイナーには、自動的に報酬が支払われます。
マイニングプール
マイニングプールとは、仮想通貨の採掘を成功させるために、計算機資源を共有するマイナーのグループです。採掘に成功すると、その報酬はプールの参加者に分配されます。ほとんどの場合、報酬は、合意した条件、相対的な貢献度、各マイナーの処理能力によって決まります。

マイニングプールでは、一人一人の電気代が減る一方で、複数の人が協力することで収益の確率が上がります。

スマートコントラクト
スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行されるデジタル契約です。スマートコントラクトが実行されるためには、関係する2つの当事者が合意したすべての条件が満たされる必要があります。

例えば、あなたと友人が、あなたが応援しているチームが試合に勝つかどうかを賭けたとします。賭け金を一時的な暗号ウォレットに預けると、スマートコントラクトがチームが勝ったかどうかを検証します。獲得した賞金は、自動的に賭けに勝った人に振り込まれます。

タスクが正しく実行されるように、スマートコントラクト内には必要な数の条件を設定することができます。

サトシ・ナカモト
サトシ・ナカモトは、ビットコインに関連してよく耳にする言葉です。2008年、サトシ・ナカモトと呼ばれる謎の人物が、第三者の承認を必要としないピア・ツー・ピアのネットワークを介して交換できるデジタル資産の情報を記したホワイトペーパーを発表しました。

長年にわたり、自分がビットコインの悪名高い生みの親であると主張する人が多く現れてきました。しかし、証拠が不足しているため、真正性が確認されたことはありません。

ビットカジノでBTCを使える場所は?

ビットコインが人々にとってさらに魅力的なのは、ゲームを含むさまざまな方法で利用できることです。ゲーム業界では多くのカジノが、プレイヤーにより高度なゲーム体験を提供するために、ビットコインをはじめとするデジタル資産に注目しています。

ビットカジノでは、スロット、ライブディーラー、テーブルゲームなど、さまざまなゲームでBitcoinの資金を活用することができます。ビットカジノが主催するトーナメントに参加することもでき、楽しみながら賞金を増やすチャンスがあります。

以下のカテゴリーで、ビットカジノでビットコイン資金を活用することができます。

Slots Morebanner

スロット

ビットカジノでは、様々なゲームプロバイダーから数百種類以上のスロットが提供されています。また、アドベンチャー、ハロウィン、パーティー、エジプシャンなど、様々なテーマのスロットが用意されています。

プレイしたいゲームを選んだら、ビットコインの資金を使って賭けをすることができます。ゲームの中に表示されている賭け金の最低額と最高額があるので、ゲームに賭ける金額を決めるのに役立ちます。

選んだタイトルがどうかわからない場合は、ビットカジノのフリープレイモードで、賭け金を払わずにテストすることができます。

Livecasinomain

ライブディーラーゲーム

ビットカジノのライブディーラーゲームに挑戦してみましょう。このカテゴリーでは、まるで実在のカジノにいるかのような気分を味わえる様々なカジノゲームが用意されています。

バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどの定番カジノゲームに加え、MONOPOLY Live、Crazy Time、Deal or No Deal、Dream Catcherなど、ゲームショーをモチーフにしたエキサイティングなゲームをご用意しています。

ビットカジノのライブディーラーゲームでは、ビットコインの資金を賭けて参加することができます。また、チャットボックスからメッセージを送ることで、他のプレイヤーやディーラーと交流する機会もあります。ライブディーラーゲームで運を試してみましょう。

Roulettemain Banner

テーブルゲーム

ビットカジノのテーブルゲームは、いつでもどこでもお楽しみいただけるクラシックなカジノゲームで構成されています。Hold’em Poker、Sic bo、Andar Bahar、Dragon Tiger、Red Dogなど、バラエティに富んだゲームの中からお好きなものをお選びいただき、すばらしいゲーム体験をお楽しみください。

ビットカジノでビットコインやその他の仮想通貨を使ってプレイして、ゲームの新境地を体験してみませんか?サインアップしてアカウントを作成し、多額の賞金や報酬を獲得できるスリリングなゲームのセレクションをお楽しみください。